読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/13(sun) 夢中夢企画「登場人物は皆狂ってた」 @難波BEARS

cast.jpgsoldout.jpg

関西の4人組バンド夢中夢が企画するイベントへ行きました。

共演はha-gakure、オシリペンペンズにせんねんもんだい

会場はベアーズだったのですが、会場外に大きくソールドアウトと貼り出されていて、このメンツでソールドアウトとは大阪はすごい…と思いました。でも後ろの方で「関西新しい動きがきてるんとちゃうん?」と話していた人もいたので、普段はこんなにも入らないのかも。

ha-gakureが終わった後になんとか入ることが出来たのですが、ベアーズは意外に狭かったです(天井も低かったです)。

オシリペンペンズと、にせんねんもんだいは遅ればせながら、今回初めて見ることが出来ました。

ペンペンズは主催者以上なんじゃないかと思う集中力の高さで吼えていました。この日は噂に聞いていた体を切ったりということはしていませんでしたが、ボーカルモタコさんの上半身の生傷だらけの体はそれだけで鬼気迫るものがありました。シリアスなんだけど、どこか哀しくて笑えてしまってロックだと思いました。叫ぶ言葉の端々から、周囲との軋轢に悩んでいる姿が伝わってきて、見た目以上に繊細な人なのが窺い知れました。ライブ中盤での「お前アイドルになりたかったんか!」の連呼には笑いました。

にせんねんもんだいは3人とも背が小さい上にギュウギュウの人の数で、あまりよく見えませんでしたが、曲が始まる瞬間のドラムの人の豹変ぶりには驚きました。前のペンペンズがベースレスだったせいか、ベースの音がかなり大きく聴こえました。終了後に少し人が減ったんですが、みんな「かわいい」って言いすぎな気がします。確かにかわいかったです…。

夢中夢は前半はゆっくりと始まり、後半に向けてテンポアップして盛り上がっていくインストバンドなのですが(勿論そうじゃない曲もあります)、そこにクラシカルな硬いピアノの流麗な演奏が入ることによって荘厳な雰囲気を生み出していました。この日のライブはギターが控えめな感じでしたが、弓を効果的に使ったりしていて印象に残りました。ライブ後に買ったCD-Rではあらかじめきめられた恋人たちがピアニカで参加していたりして、色々なことに挑戦している人たちなんだなーと思いました。名古屋でやる時には見に行きたいです。