読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/4/17 花澤香菜 LIVE 2014 "25" at 愛知県芸術劇場大ホール

 花澤香菜のアルバム『25』の発売に伴うレコ発ツアー名古屋公演。前作『Clarie』の際は東京・大阪のみだったライブも今回は愛知・埼玉も加わり4会場となりました。
 今回のライブツアーはアルバムと同じく『25』と銘打たれていることもあり、『25』からの曲でほぼ構成。前回のツアーと同じく、ツインギター・ベース・ドラム・キーボードの5人編成で、メンバーもほぼそのままでしたが、前回参加していたドラマー宮田繁男(ex.ORIGINAL LOVE)が急逝したため、ドラムのみFuzzy ControlのSATOKOにチェンジ。そのためかロック的な縦ノリ感の強いハードなサウンドになっていました。また、打ち込み曲ではバックトラックを流しながら、上から演奏を被せるというスタイルをとっていました。
 やはり印象的だったのは「Brand New Days」や「Make a Difference」などの、音源では打ち込み中心だった曲のバンド演奏になったことによる変化。生ドラムとツインギター編成を活かした力強いロックサウンドで、グルーブ感よりも叩きつけるようなビート感が強く打ち出されていました。北川勝利がアレンジした華やかなアルバム曲もロック色の強いサウンドへと変化していて、特に本編途中の衣装替えも兼ねたメンバー紹介コーナーで演奏したヘヴィなサイケロックインストが、このバンドの基本的なスタイルを象徴しているように感じました。会場の音響もハイ上がりの環境で、低音よりも高音が強調されていて、縦ノリ感をさらに強く感じました。
 ライブで2時間通して聴いていると、どうしても考えてしまうのは花澤香菜の歌声の不思議な感触について。最高音付近は不安定になる場面もありましたが、やはり彼女の声の特徴はウィスパーボイス。特に高域からやや下がった中高音周辺を発声するときに、甘い響きの基音と息漏れの倍音が交差していって、儚く頼りない幼い印象を残します。ライブ中はクラッシュシンバルなどに被って声が埋もれる場面もあって、逆にそのせいか彼女の声も楽器的に響いてきました。絶妙なバランスの上に成り立つ彼女の声を聴きながら、そのアンニュイで繊細な響きは唯一無二だなと再認識しました。