読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S.E.P. 2001 @Electric Lady Land&ell.FITS ALL (NANANINE / ハックルベリーフィン / YOGURT-pooh / HAGANE / SCREAMING SOUL HILL / 古明地洋哉 / CHOKO / KICK THE CAN CREW / BOAT / ケツメイシ / アルファ / SOUL'D OUT )

BOATのアルバム「RORO」が無茶苦茶カッコ良かったので、ライブへ行きました。
相当タイムスケジュールが押していて、BOATは23時過ぎに登場。
『RUMMY NIGHT』からスタートして、最後は『AKIRAMUJINA』。
終電の時間の為に大半のお客さんが帰ってしまっていて、500人以上入るELL下のフロアに人が疎らな状態(50人以下?)でした。
ライブ自体は淡々と演奏してましたが、その酷い状況への静かな怒りを感じる演奏でした。
それを象徴しているように思ったのが、『AKIRAMUJINA』でのASEさんの暴走ぶり。
飲んでいたビールを自らに浴びて、そのままギターを振り回して暴れまわりながら、
ビールの池の上で滑って転げまわる!
驚きとともに呆然としてしまいました。

隣の人が「カート・コバーンみたいだったな」と漏らしていたのが印象的でした。
カート・コバーンより見た目カッコ悪かったですけど、必死さに圧倒されました。


古明地さんはライブ中ほとんど喋らず、表情が強張っていたので、
見る方も演奏しているほうも張り詰めたような緊張に包まれていました。
『欲望』はCDとは少しアレンジが違ってました。
生で聴けて良かったです。